MENU

生理前・生理中の足のむくみの改善方法

生理前になると足がむくんでパンパンになる。。。
生理中に足先が冷えてむくみが痛い。。。

ただでさえ体調不良を起こしたりと大変な生理前や生理中のむくみって本当に辛いですよね。
そんな生理前と生理中に行いたいむくみ改善方法を紹介します。
改善方法を知る前に、まずは生理前や生理中になんでむくみが発生してしまうのかを知っておきましょう。
むくむ理由が分かれば自然と改善方法が分かってくるはずです。

生理前や生理中にはなんでむくみができるの?

生理前と生理中に体に起きる大きな変化はホルモンバランスが変わることですよね。
ホルモンバランスは女性の体の調子を左右するとても大切な役割を果たしているので、そのバランスが崩れることで様々な体調不良を起こします。むくみもその1つです。

生理前(生理の10日ほど前)になると女性の体はエストロゲン(女性ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)のバランスが大きく変わります。
通常女性の体はエストロゲンが優位な状態にあるのですが、生理前になるとプロゲステロンが優位な状態に変わってしまうんです。

プロゲステロンは妊娠時に多く分泌されるホルモンで、体を赤ちゃんを育てる為に変化させる働きがあります。むくみに直接関わる変化としては体に水分を多く溜め込むという働き。
この働きは出産時の出血によって体の水分をなくさない為に、体に多く水分を留めておく為の働きとなっています。
生理前にはプロゲステロンが多く分泌されるので体に水分を溜め込み、むくみが発生してしまうのです。


生理中のむくみは生理前のむくみとは原因が異なります。
生理中はエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が極端に減ります。女性の体はホルモンによって体温を変化させるので、2つのホルモンの量が減ることで体温が著しく低下しますね。
体温が低下することで体のめぐりが悪くなると、血液が体にうまく巡らない血行不良を起こしてむくみが発生してしまうのです。

両者共にホルモンが関係していることですが、むくみ解消の為にホルモンバランスを整えるような改善方法を行う必要はありません。
生理前には溜め込んだ水分を排出すること。
生理中には体のめぐりを良くすること。
この2つができてさえすれば生理に関係するむくみの悩みは改善されます。

生理でできるむくみの改善方法ってどんな方法?

生理でできるむくみの改善方法について前のトピックでお話しましたが、改善方法は主に2つあります。

・体の内側から改善する方法
・体の外からの影響で改善する方法

この2つのどちらかでむくみの改善ができます。
私のおすすめは特に時間も労力もとられない体の内側からむくみを改善する方法です。
それでは2つのむくみ改善方法を見ていきましょう。

体の内側からむくみを改善する方法
大げさかもしれませんが、体の内側からと言うのはむくみを改善する栄養の補給をするということです。
例えば食生活を改善してカリウムを多く含んだ食材を意識して食べたり、中性脂肪を少なくしてポリフェノールを意識して食べることで血液をさらさらにするというものです。
ですが、食べる物を変えるのってとても難しいことですよね。

そんなときにおすすめなのはむくみサプリを使った解消法です。
むくみサプリにはむくみを改善する成分が豊富に含まれているので、生理でできるむくみの解消に有効な手段なんですよ。

むくみサプリで体の内側からむくみが改善できればむくみが発生することもなくなります。体の外からのケアだとずっと続けなければいけませんが、この方法ならある程度体質改善ができた状態でサプリの服用を止めてもむくみが発生しなくなるんです。

体の外からの影響でむくみを改善する方法
体の外からと言うのは仰向けに寝そべって両手足を天井に向かってあげるゴキブリ体操などのストレッチや、お風呂でのストレッチのことを指します。

これらの方法はできたむくみに対する効果が大きく、だるく重くなった足が軽くなります。しかし、残念ながら予防の効果はありません。
また、この方法は時間と労力を取られてしまうので、手軽に続けることが難しかったりもします。
むくみ予防効果がなく、対処療法でしかない外からのケアはむくみ改善にはあまり向いていないといえます。

生理のむくみならむくみサプリが良い!

生理のむくみにはむくみサプリを使った改善方法が1番おすすめ!
生理中や生理の直前って何かとお菓子やご飯を食べたくなりますよね。生理に関わるむくみの根本の原因はホルモンになるのですが、生理前や生理中に食べ過ぎてしまうお菓子もむくみの発生を助けている原因です。

むくみサプリで余分な塩分や脂肪分、糖分の排出を行うことでむくみ発生の予防ができるんですよ。
生理のむくみにはサプリで改善を行うことをおすすめします^^