MENU

足のむくみ改善にはホットタオルとマッサージが効く!

【そもそもむくみとは?】

むくみが起こるのは、塩分や水分を摂り過ぎたり、新陳代謝やホルモンバランスが乱れたり、時には病気が関係していることもあります。
多くは一過性のむくみなので、体内に滞ってしまった老廃物を排出するために、体を温め、代謝を良くします。
特に足のむくみの場合は、ふくらはぎの筋肉量が少ないと循環する体液を足から心臓へ戻すのが大変なので、運動を行うことにより筋肉を増やすのはむくみ改善にとっても健康のことを考えても重要なことなのです。
病気が原因の場合は、「何かおかしいな」と感じたら、まずは医師の診察を受けることです。

【足のむくみ改善にはホットタオルとマッサージが効く!】

今はむくみを解消するためのグッズやサプリなど、いろいろと選択肢がありますよね。
どの方法が自分に合っていて効果があるのか、むくみの悩みに加えてどれを試したらいいのかも皆さんの悩みどころかもしれません。
ただ、こればかりは試してみないと分かりませんし、今日から始めて明日には結果が分かるという類のものでもありませんので

「まずは体験してみる」ということがポイントです!
選択肢のどれもがそうですが、一定の期間は継続することが大事になります。
その方法が自分に合っているのか、いないのか、判断する期間が必要だからです。

【とてもシンプルにコストもかけずに始められるむくみ解消テクニックとは…】

とてもシンプルにコストもかけずに始められるむくみ解消テクニックとは?
まずは運動
運動と言っても様々で、個人の体力に合わせて始める必要があります。そこが「無理なく」というところです。
今まで運動らしいことをしていなかった人が、急にハードなことに挑戦しても、継続できる可能性はとても低いでしょう。
それで嫌になってしまったら、せっかくのモチベーションも下がってしまいます。
ですから、初めのうちは無理せずに徐々に運動の回数を増やしたりレベルアップしたりするという段階を踏むことが大事なのです。

そして日頃の運動やマッサージにプラスしてホットタオルを試してみましょう!
タンスに眠っている新品のタオルでも使い古したタオルでも1枚あればすぐに始められます。

まずは簡単に始められるホットタオルとマッサージでむくみ改善を目指しましょう!

【座ったままでできる軽い運動】

デスクワークも立ち仕事も、同じ姿勢で長時間過ごすことが多いという点では同じです。
そのため血行が悪くなりがちなので、仕事中でもストレッチなど軽めの運動を取り入れると効果的です。
特にデスクワークの方はデスクの下でこっそり脚のマッサージやストレッチができるのでぜひ試してみてください。
座ったまま脚を組み上に乗った脚のふくらはぎを膝で圧迫します。
できれば圧迫される方の脚は伸ばすようにした方が、きちんと圧迫されるので効果があります。
女性は痣が出来やすい人も多いので、力加減にはご注意下さい。
大体、片方ずつ10〜20回くらい、気持ちが良い程度にして下さいね。
踵は床に着けたまま、意識はふくらはぎの筋肉に集中して10回程度、片方ずつ、つま先だけ上げ下げします。
同じように今度はつま先を床に着けたまま、踵の上げ下げをします。
パタパタと急いでするのではなく、ふくらはぎやすねが伸びるのを感じるように、ゆっくりと行うのがポイントです。
両方の足首を上げ下げするだけでも、ストレッチの効果があります。このときもゆっくりと動かすようにして下さい。
足首を回してほぐします。左右にぐるぐると数回まわしたら、反対の足首も同じようにほぐします。

ストッキング着用時は難しいかもしれませんが、足の指を開いたり閉じたりするのも血行が良くなるのでお勧めです。

座っている時間が長くなったら意識的に席を立つようにして、膝の裏側や太ももを伸ばすようにするといいですね。

【外や家でする軽い運動】

つま先立ちの繰り返し
これは場所を選ばずできますね。ふらつくようなら、片手を壁に当てるなどして行ってください。
仰向けになって、両手と両足を上に挙げてプルプルと振る
末端の方に滞っていた血流が、じわじわと下に降りてきて代謝の改善を促します。
ウォーキングや軽いジョギング
ウォーキングは、姿勢を正してキビキビと意識して歩くことが大事です。
散歩のようにふわふわと歩くのでは、あまり効果が期待できません。代謝を良くするには最低30分は続けましょう。
ウォーキングや軽いジョギングは全身のストレッチなので、全体的な血流やリンパの流れを改善して、むくみの解消にもつながります。
階段の上り下り
下半身の筋肉を鍛えるのに効果的です。
ただ、腰や膝に痛みがある人は無理をしないで下さい。また、通院している人は医師に相談して下さいね。
入浴前のスクワット
筋肉を鍛えて体を温めます。その後、あまり熱くないお風呂に入ることで、自律神経が整い、デトックス効果も期待できます。
入浴が終わったら、忘れずに水分補給をして下さいね。スクワットの回数については「無理しない範囲」で大丈夫です。

【ホットタオルの効果】

ホットタオルというと、想像するのは「顔のむくみ」という方も多いでしょう。
でもホットタオルは肩こりや首の凝りにも効果的ですし、勿論、脚のむくみにも効果があります。
ホットタオルは、濡らしたタオルを軽く絞ってくるくると丸め、レンジで温めて作ります。
大体1分程度が目安ですが、自分の気持ちのいい熱さに調整して下さい。
あまり熱すぎると肌にダメージを与えるので注意が必要です。また、レンジから取り出すときも注意して下さいね。
ホットタオルはむくみの気になる部分に当てて、それが足であれば温めながら足をマッサージします。
徐々にタオルが冷めてきますので、物足りないようなら、またホットタオルを作って同じように患部に当ててマッサージして下さいね。

顔にホットタオルをする場合は、特に温度に気を付けて下さい。
仰向けになり、息が出来るようにだけして、顎から頬、鼻の上、瞼の上、額までタオルで包むように覆い、軽く指圧するような感じで顔に押し当てます。
実際にツボを押すのも効果的です。
ホットタオルを乗せておくのは、時間にして1回大体5分くらいが目安で温度もそれぐらいの時間でで下がります。

温められた部分は血流やリンパの流れがスムーズになり、むくみが改善されるのも速いです。
入浴や足湯と同じような効果があると言ってもいいかもしれません。
また、ホットタオルだけではなく冷たいタオルも用意して交互に当てることで、血管の収縮と弛緩が繰り返され、より効果が高まります。

【いかがでしたか?】

無理のない範囲で出来る軽めの運動と、身近なタオルを使ったむくみや血流などの改善方法。
経済的で簡単ですね。少し工夫すれば、日常の生活の中に自然と組み込める方法だと思いませんか?
少しでもむくみ解消の助けになればと思います。
ぜひ、試してみて下さいね。





足のむくみの改善のためのマッサージ足のむくみを解消するには、自分でできるマッサージが手軽でよいでしょう。その際、もむのではなく、撫でるようにするのが効果的です。マッサージをすることでリンパ液の流れを改善して、足の疲れをとるようにします。
マッサージとしては、まずは膝の両側に手をあてて、脚の付け根にむかって、下から上へももを優しくなで上げていきます。次に足首からひざへなで上げていきます。そして、ふくらはぎの部分も同様に下から上へなで上げていきます。最後に、足首から脚の付け根まで表側と裏側の両方をなで上げていきます
これらのマッサージをそれぞれ10回ほど行ってみれば、リンパ液の流れが改善して、足のむくみの解消に役立ちます。自宅でも手軽にできるマッサージ方法ですので、ぜひ時間が空いたときに試してみるとよいでしょう。
足のむくみに効く方法昔かなり足のむくみで悩んでいた私ですが、入院していたころ、看護師さんからためになる話を教えてもらいました。
寝るときに足の下に何か敷いて、足が少し高い状態で寝るといいよとか、水分をちゃんと摂ってちゃんとトイレに行ったほうがいいよとか、すぐにでも出来そうなことを教えてもらいました。
むくみそのものをイマイチ分かっていなかった私にも丁寧に教えてくれて、本当に助かりました。
それからは、そんなにむくまなくなった気がします。
もし、ちょっとヤバいかなと思ったときは、上記のようなことを心がけるようにしています。
ちょっとしたことでむくみは解消できると分かり、安心しています。あとは、かかとの上げ下げをしたり、ちょっとした時間で出来ることをやるようにしています。