MENU

パンパンに腫れた足のむくみの解消方法

一日を終えてパンパンに腫れた足。一刻も早くすっきりさせて休みたいですよね。
とは言え仕事を終えて帰ってから家事をこなしてゆっくり出来る時間は夜遅く。。。
念入りにマッサージや入浴をしたいけど明日も仕事だからパンパンになった足のケアは後回しにしがちではないですか?

そんなパンパンに腫れた足の解消法を紹介します。

パンパンになった足のむくみを解消する方法

ふくらはぎや足首、足の甲までパンパンに腫れてしまった足のむくみは簡単に解消できます。ただ、その方法は対症療法ではなく予防法となるので、普段からむくみにくい体を作ることで解消が可能です。
対症療法であれば足の裏にサロンパス。意外とむくみの解消や足の疲れに効きます。

しかし、対症療法ではなく予防法となれば話しは別です。辛い足のむくみを解消するには体質改善が鍵を握っています。仕事柄足がむくみやすい。妊娠してむくみがひどくなった。水分のとりすぎではないのに足がむくむ。
そんなパンパンになった足を解消するには【むくみにくい体】を手に入れることで簡単に解消できます。

むくみにくい体を作るには水分補給が必要?

むくみにくい体を作ろうとするとき、全てを1度に行おうとするとそれは対処療法でむくみのケアをする以上に大変な方法となってしまいます。
なので、明日から出来る簡単な方法だけ実践してみましょう。簡単に出来るいくつかの方法を行うだけでむくみはすぐに軽くなります。

むくみにくい体を作るにはまずは水分補給が欠かせません。
体の中にある水分が減ると、あなたの体は残り少ない体の中の水分を外に出さないように溜め込んでしまう働きを持っています。なので、むくみにくい体を作る為の第1歩として、日中に水分をたくさん取ることが大切なんです。
目安としては1日に1.5?前後の水分を補給することを目標にしましょう。この量は成人した大人の体に1日に必要な水分補給量となっています。水分を適切な量補給することでむくみにくい体になることが出来ます。

後はとても簡単で、むくみの原因である血液やリンパ液の流れを良くしてあげることでむくみの発生は予防できます。
その方法として特におすすめなのは貧乏ゆすり。貧乏ゆすりはお行儀が悪いといわれていますが、むくみの予防・解消にはとても効果的な方法です。
むくみを作らない為にはふくらはぎの筋肉をしっかりと動かしてあげることが必須です。貧乏ゆすりは疲れることなくふくらはぎの筋肉を動かすことができ、周りにも見つかりにくいむくみ予防法として重宝する方法なんです。

むくみにくい体になる為のとっておきの方法

むくみを作らない体になる為のとっておきの方法がむくみサプリです。
むくみサプリには体の中に水分を溜め込まない為の効果や利尿作用があり、むくみを作らない為に必要な成分をギュッと詰め込んであります。

普段から運動をあまりしない方や夜のケアが難しい方。食生活の改善が難しい方に特に人気で、むくみサプリを使っている女性は現在急増しています。
サプリを使うことに抵抗がある方もいるかもしれませんが、むくみの予防・解消にこれほど効果的なものはありません。さもしサプリに抵抗がなければ一度使ってみることも手かもしれませんね。
普段の生活を何一つ変えずにむくみの予防・解消が出来ます。